本文へ移動
特養を施設ではなく住まいに、
今までと変わらず、
普通に暮らし続けられる場所にします。
新型コロナウイルス陽性者の発生について(第6報)
2022-08-18
各位


新型コロナウイルス陽性者の発生について(第6報)


平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、先般よりご報告申し上げております、新型コロナウイルス陽性者の対応状況について、ここまでの経緯をまとめましたので、ご一読くださいませ。

先日ご報告しました通り、Bユニットで4名の方が施設内療養となっておりましたが、昨日8/17(水)をもって、3名の方が療養期間を満了され、残り1名の方が療養中となりました。また、Fユニットにおいても、1名の方が療養中であります。今日現在、療養中の2名の方も含め、皆さま体調も戻られた様子で、お元気に過ごしていただいております。

本日8/18(木)、陽性者がいらっしゃるユニット以外の、特養及びショートステイのユニットのご入居者及びご利用者の皆さまに対し、スクリーニング(抗原)検査を実施しましたところ、全員の陰性が確認されました。合わせてこれらのユニットに所属する職員のPCR検査を実施中で、1〜2日で結果が届く予定です。なお、BユニットとFユニットのご入居者の皆さまと職員の検査については、施設内療養満了日に合わせて実施する予定です。

陽性者のケアに当たっていた職員の感染が続いておりましたが、8/14(日)以降の体調不良者は出ておりません。この数日間で、陽性となり療養期間を終えた職員が少しずつ復帰しており、少し明るい兆しが見え始めました。それでもなお、陽性者の対応にあたっている職員たちは、1日中防護服対応で汗だくになって、目一杯頑張っております。

今回、陽性となってしまわれた皆さま、そのご家族の皆さま、大変申し訳ありません。その他の皆さまにも、大変なご心配をお掛けしており、申し訳なく思っております。引き続き保健所と嘱託医と連携しながら、療養対応にあたってまいりますので、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。


令和4年8月18日

社会福祉法人弘仁会
特別養護老人ホーム美里ヒルズ
施設長 世古口正臣



TOPへ戻る