本文へ移動
特養を施設ではなく住まいに、
今までと変わらず、
普通に暮らし続けられる場所にします。
新型コロナウイルス陽性者の発生について(第7報)
2022-08-22
関係各位


新型コロナウイルス陽性者の発生について(第7報)


平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、先般よりご報告申し上げております、新型コロナウイルス陽性者の対応状況について、ここまでの経緯をまとめましたので、ご一読くださいませ。

1名の方が療養中であったBユニットの入居者のうち、8/20(土)に新たな陽性者が1名判明しました。すでに隔離対応中でしたので、その他の皆さまへの影響はありません。

現在、施設内で療養していらっしゃるのは、Bユニットの2名、Fユニットの1名で、合計3名となりました。いずれの皆さまも、体調も戻られ、お元気に過ごしていただいております。

8/21(日)の朝から、念の為に津保健所に依頼して、BユニットとFユニットで陽性となった皆さん以外のご入居者の皆さん、ならびに陽性者対応にあたっている職員全員のスクリーニング検査(抗原検査)を実施したところ、検査をした全ての方が陰性でした。

8/18(木)には、上記の2ユニット以外のご入居者の皆さまに対し、スクリーニング検査(抗原検査)を、8/18(木)〜19(金)には、そのユニット職員全員のPCR検査を実施したところ、検査をした全ての方が陰性でした。

陽性者のケアに当たっていた職員の感染が続いておりましたが、8/14(日)以降は新規の陽性者は出ておりません。

この数日ご家族の皆さまから、飲み物や果物等、本当たくさんの差し入れを頂戴し、職員一同感激しております。あらためて感謝申し上げます。

あらためまして、この度は様々な方面の皆様に、ご心配をおかけしておりまして、誠に申し訳ありません。一日でも早い収束と、ご入居者の皆さまの日常を取り戻すべく、一日一日頑張ってまいります。ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。


令和4年8月22日

社会福祉法人弘仁会
特別養護老人ホーム美里ヒルズ
施設長 世古口正臣


TOPへ戻る