本文へ移動
特養を施設ではなく住まいに、
今までと変わらず、
普通に暮らし続けられる場所にします。
新型コロナウイルス陽性者の発生について(第8報)
2022-08-25
関係各位


新型コロナウイルス陽性者の発生について(第7報)


平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、先般よりご報告申し上げております、新型コロナウイルス陽性者の対応状況について、ここまでの経緯をまとめましたので、ご一読くださいませ。

8/23(火)にBユニットの1名、8/24(水)にFユニットの1名の施設内療養が解除となり、本日8/25(木)からBユニットにて残り1名の方の施設内療養となりました。体調もお変わりなく、お元気に過ごしていただいております。

Fユニットについては、陽性になった方以外の抗原検査と、職員のPCR検査を実施し、陰性が確認できたため、本日8/25(木)よりイエローゾーンからグリーンゾーンに解除をしております。また、これに合わせて、陽性者がいるBユニットのみ単独夜勤(通常は2ユニットに1名の夜勤)とし、Bユニット職員がそれ以外のユニットに勤務しない体制に変更しております。

また職員については、昨日8/24(水)に最後の自宅療養者が期間を満了しましたので、本日8/25(木)時点で、陽性者なしとなりました。

もう一息というところまできましたが、お一人になったとはいえ、現在も陽性者の方を施設内療養している状況ですので、療養期間が満了するまでの間、細心の注意を払いながら、引き続き対応にあたってまいります。

一日でも早い収束と、皆さまの日常を取り戻すべく、職員一同頑張ってまいりますので、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。


令和4年8月25日

社会福祉法人弘仁会
特別養護老人ホーム美里ヒルズ
施設長 世古口正臣
TOPへ戻る