本文へ移動
特養を施設ではなく住まいに、
今までと変わらず、
普通に暮らし続けられる場所にします。
お知らせ・イベント情報
Instagramはこちら
Facebookはこちら
noteはこちら
私たちの思い
「施設はどこまで住まいになりうるか」
特養を施設ではなく住まいに。今までと変わらず普通に暮らし続けられる場所に。


「施設に入る」ことは終わりじゃない。

入居する当事者にとって「諦めの場所」であってはいけない。家族にとって「後ろめたい場所」であってもいけない。

最期は家で…誰しもが願うことです。でも様々な理由で、自宅で暮らし続けることができなくなる人たちがいます。
できたら家に居たかった…本当はね。でもここの暮らしも悪くないんだよ。
だってここの皆優しいし、いろいろ自由だから。もしかしたら自宅にいるより快適かも。

そう言ってくれるから家族も安心。

認知症になっても身体の自由がきかなくなっても大丈夫。そうでない人と同じように、普通に暮らし続けられる。
家族や地域の人たちとの関係性も変わらない。地域で暮らし続けることができる。

そんな場所を作りたい。

施設はどこまで住まいになりうるか。これまで私たちがチャレンジしてきたテーマです。

美里ヒルズがあって良かった。

皆さんにそう思っていただけるよう、皆で力を合わせて頑張ってまいります。
採用情報のご案内
美里ヒルズは5つの行動指針を掲げ、明るく優しい気持ちで高齢者の皆さんの生活を支援しております。
 皆さんも楽しく働ける、われわれの仲間に加わりませんか?
居心地の良い生活環境の中で、「その人らしく普通に暮らし続けられる」場所にします。
行動指針 POINT.01
居心地の良い生活環境の中で、「その人らしく普通に暮らし続けられる」場所にします。
美里ヒルズの暮らし
美里ヒルズの暮らし
行動指針 POINT.02
家族が後ろめたさを感じることなく、「入居させて良かった」と思える場所にします。
美里ヒルズの暮らし
美里ヒルズの暮らし
家族が後ろめたさを感じることなく、「入居させて良かった」と思える場所にします。
地域の皆さんが「美里ヒルズがあるから安心して地域で頑張れる」と思える場所にします。
行動指針 POINT.03
地域の皆さんが「美里ヒルズがあるから安心して地域で頑張れる」と思える場所にします。
美里ヒルズの暮らし
美里ヒルズの暮らし
行動指針 POINT.04
自分の事をわかってくれる人にケアされたいと願う人達の「わかってくれる人」になります。
美里ヒルズの暮らし
美里ヒルズの暮らし
自分の事をわかってくれる人にケアされたいと願う人達の「わかってくれる人」になります。
働く職員が「やっぱり介護は面白い」と思える場所にします。
行動指針 POINT.05
働く職員が「やっぱり介護は面白い」と思える場所にします。
美里ヒルズの暮らし
美里ヒルズの暮らし
LET'S JOIN US !
特養を施設ではなく住まいに。
今までと変わらず普通に暮らし続けられる場所にします。
TOPへ戻る